製品情報

穿刺部確認

超音波画像診断装置

ポータサウンド

軽い、小さい、ワイヤレス。
だから、持ち運びやすく使いやすい。

持ち運びやすさを追求した「ポータサウンド」。プローブは重さわずか168gと軽量で、タブレット表示器とWi-Fi™️接続できるワイヤレスタイプ。だから必要なとき、すぐに持ち出せます。これからエコーは、ひとり1台の時代へ。

Access

イントロデューサーキット

Glidesheath Slender

TRIをより多くの患者さんへ

TRIの可能性を拡げる3つのサイズバリエーション

Radial EVT

R2Pシステム

Radial to Peripheral

EVTにRadialアプローチの選択肢。
患者さんの負担を減らし、すぐ歩ける喜びを-

R2P(Radial to peripheral)はEVTでTRIを可能にする治療システムで、穿刺部合併症の低減、術後の早期歩行、入院期間の短縮など、患者さんのQOLを向上するベネフィットが得られる可能性が挙げられています。

製品カタログ

R2Pシステム コンセプトムービー

穿刺

アクセス

治療

止血

Radial Oncology Treatment

R. A. V. I. システム

R.A.V.I. Radial Access for Visceral Intervention

患者さんが期待する治療と医療効率向上を目指した新たな可能性R.A.V.I

腹部領域におけるフェモラルからのアクセスをラディアルからにすることによって様々な可能性が生まれます。

出血性合併症のリスク低減や術後歩行制限からの解放は従来のアプローチに比べて患者さんの在院期間の短縮にも繋がります。

これらのメリットは医療スタッフの日々の作業負担の軽減や業務効率化としても波及します。

テルモは、循環器領域でのPCIやペリフェラル領域で培ったノウハウ・技術力を集結した製品で患者さん負担のより少ないラディアルからのアプローチ“R.A.V.I.”の推進に挑みます。

R. A. V. I. システム コンセプトムービー

穿刺

アクセス

治療

止血

止血

大腿動脈穿刺部止血デバイス

Angio-Seal VIP

確かな止血を目指した簡便でやさしい止血デバイス

穿刺部血管壁の内側と外側から挟み込むことで止血する大腿動脈穿刺部止血デバイス。スーチャー(縫合糸)でつながったアンカーとコラーゲンスポンジを採用。

構造と使用方法

使用イメージ

保険請求の定義

5Fr以上のシースを用いて経皮的血管形成術もしくは脳血管内の処置を行い、翌々日までに退院し、術後1週間以内に再入院しなかった場合に1Setのみ算定。(脳血管内の処置の具体的な手技は、脳血管内手術、経皮的脳血管形成術、経皮的選択的脳血栓・塞栓溶解術、経皮的脳血栓回収術又は経皮的脳血管ステント留置術を含む)

止血デバイスコンシェルジュ AIチャットボット

Angioくん

文字による会話形式で、Angio-sealの製品情報・適正使用に関する問い合わせに自動でお答えします。

チャットサイトに移動する

トラブルシューティング

Angio-sealのデバイスが引き抜けない時の処置方法に関して説明しております。

PDFダウンロード

患者さん説明用資料

印刷した冊子もご用意しております。ご希望の場合は、資料請求からご依頼ください。

PDFダウンロード 資料請求
橈骨動脈用止血器

TR Band

患者さんにやさしく、簡単確実な止血を。

患者さんの痛みを和らげながら、
確実な止血を行えるように配慮した橈骨動脈用止血器。

臨床動画とプロトコール例

使用方法

TRバンドの使用上の注意と使用方法をイラストでわかりやすく説明しています。

PDFダウンロード
いつでも気軽に質問してね!

資料請求

合併症のエビデンスは?製品の使い方は?
気になることがあれば、お気軽にお問合せください。

Click Here
T
O
P

あなたは医療関係者ですか?

これ以後の情報は日本国内の医療機関にお勤めの医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に製品を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

ここから先はテルモのホームページから離れます

これより先は外部サイトに移動します。よろしければ「はい」をクリックしてください。

  • はい
  • いいえ