手技情報

Entry Site Managementについて

COVID-19パンデミック下のインターベンションにおけるEntry Site Managementの重要性
―備えあれば憂いなし、転ばぬ先の杖―

東邦大学医療センター大橋病院 循環器内科
教授
中村 正人 先生

中村 正人 先生

穿刺部の管理はインターベンションの基本。
合併症を起こさないためには、テクニックとデバイスの両方を熟知し、使いこなすことが重要。
―Femoral穿刺の視点より―

公益財団法人 心臓血管研究所 付属病院
院長
矢嶋 純二 先生

矢嶋 純二 先生

穿刺部確認

穿刺部合併症リスクを低減する適切な止血方法の選択
―エコーを用いた穿刺部評価のポイント―

桜橋渡辺病院 循環器内科
住吉 晃典 先生

住吉 晃典 先生

Radial EVT (R2P System)

止血

資料請求

合併症のエビデンスは?製品の使い方は?
気になることがあれば、お気軽にお問合せください。

Click Here
T
O
P

あなたは医療関係者ですか?

これ以後の情報は日本国内の医療機関にお勤めの医療関係者(医師、薬剤師、看護師等)を対象に製品を適正にご使用いただくための情報を提供しています。
日本国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんのでご了承ください。

ここから先はテルモのホームページから離れます

これより先は外部サイトに移動します。よろしければ「はい」をクリックしてください。

  • はい
  • いいえ